新着情報

JAバンク新潟における担い手支援策について

2021/03/17

新着情報

令和3年3月17日
JAバンク新潟県信連


 JAグループ新潟では、平成28年度から実施している担い手向け支援パッケージ「にいがた農業応援プログラム」を下記のとおり、内容を一部見直しのうえ令和3年度も実施いたします。
 同プログラムの一つである「にいがた農業応援ファンド」では、新潟県園芸振興基本戦略の取組みを県および関係機関と一体となって一層推進していくため、令和3年度は「1億円園芸産地チャレンジ事業」の助成枠を拡充し、総事業予算枠80百万円にて展開いたします。
 また、担い手向け金融支援策として、利子補給および保証料助成について、対象資金を重点化したうえで継続いたします。
 JAバンク新潟は、JAグループのネットワークと総合力を発揮し、これらの支援策を活用しながら担い手へのより踏み込んだ支援に向け積極的に取り組んでまいります。
 

 
1. にいがた農業応援ファンドの展開
(1)1億円園芸産地チャレンジ事業 <助成枠30百万円
 「新潟県園芸振興基本戦略」で推進する販売額1億円以上を目指す園芸産地において、園芸生産の規模拡大や新たに園芸生産に取り組む担い手に対して、その取組みに要する費用の一部を助成し、取組みを後押しします。昨年度は助成枠を大きく上回る申請があったことから、助成枠を拡充しました。(20百万円⇒30百万円)
※助成枠を上回る申請があった場合、抽選とします。
 
(2)園芸生産拡大支援事業 <助成枠30百万円>【担い手向け:20百万円、産地向け:10百万円】
 園芸生産の規模拡大や新たに園芸生産に取り組む担い手に対し、その取組みに要する費用の一部を助成し、取組みを後押しします。
※助成枠を上回る申請があった場合、地域戦略や戦略品目、産地規模等を考慮し、選定します。
 
(3)新規・親元就農応援事業 <助成枠15百万円
 新規就農の促進と定着および後継者への事業承継に向けた後押しに繋げ、農業生産の拡大や農業を通じた地域活性化を図ることを目的に、①新たに就農する担い手および②後継者を受け入れる親元農業者に対し、営農経費の一部を助成します。
 なお、申請状況等を勘案し、助成枠を見直しました。(20百万円⇒15百万円)
※助成枠を上回る申請があった場合、申請者数で助成額を按分します。
 
(4)商談会等販路拡大の活動支援事業 <助成枠5百万円
 国内および海外の商談会への出展等にかかる費用を助成し、担い手による県産農畜産物等の販路拡大の取組みを後押しします。
なお、申請状況等を勘案し、助成枠を見直しました。(10百万円⇒5百万円)
 

2.担い手向け金融支援策の提供
 引き続き担い手の資金需要に応えていくため、内容を一部見直しのうえ利子補給・保証料助成による金融負担の軽減を図ってまいります。

助成対象資金
(長期資金のみ)
補給・助成率 補給・助成期間 融資限度額
JAバンク利子補給
(農林中央金庫)
JAグループ新潟
利子補給・保証料助成
担い手支援資金
(アグリV)
利子補給
年1%
利子補給
年0.25%
借入当初3年間 25億円
一般枠:22億円
農地取得枠:3億円
保証料助成
年0.32%
農業近代化資金

利子補給

最大 年1%
保証料助成
最大 年0.43%
借入当初5年間 新潟県の融資枠
農機具ローン

利子補給

最大 年0.6%
- 借入当初3年間 -
アグリマイティー資金

利子補給

最大 年0.6%
- 借入当初3年間 -

※お借入条件等や審査の結果によりご希望に添えない場合がございます。
 詳細につきましては、お近くのJA窓口までお問合せください。
 
※お借入金利・保証料は金利情勢により変更となります。また、利子補給・保証料助成期間終了後は、通常の金利・保証料をご負担いただきます。
 
※受付額が融資限度額に達した場合は、その時点で取扱いを中止いたします。
 
※JAバンク利子補給は令和3年4~12月のお借入れ、JAグループ新潟利子補給・保証料助成は令和3年4月~令和4年3月のお借入れが対象となります。

 

<添付資料:JAバンク新潟における担い手支援策について>

 以 上

<本件に関するお問合せ先>
JAバンク新潟県信連 農業部
担当:中島 、朝妻、木下、桑原
TEL:025‐230‐2214

このページの先頭へ